塾なし受験道~偏差値72の公立高校合格!!~

公立高校の受験に塾は必要?市販問題集で高校受験を乗り切るための知恵ブログ

受験校の最終決定ー第一志望校を受けても本当に大丈夫!?

いよいよ公立高校の一般入試が全国で本格化しつつあります。

自分は本当に第一志望に受かるのだろうか?

一つランクを下げるべきなのだろうか?

最終決定を目前に,受験生の心は揺れます・・・。

f:id:withoutjuku:20170218064813j:plain

「模試の判定が悪くても,入学したい思いが強ければ合格できるよ!!」

なんて前向きな言葉が飛び交うこの時期。

でも,思いはどの受験生も等しく強いのではないでしょうか。

 

受験校の最終決定にの判断材料として,

「思い」はもちろん大切ですが,もっと客観的な物差しがあるはずです。

経済的な余裕

あえて一番目に書かせていただきます。

もし第一志望の公立がだめだったときに,

すべり止めの私立高校に行かせられる余裕が家庭にあるのか,ないのかは,

受験校決定に大きな影響があります。

少し無理をすれば行かせられるのか,

無理をしたって行かせられないのか。 

すべり止めの私立の合否

経済的にはなんとか私立にも通わせられる,という場合。

その私立は行きたい学校なのかどうかが

次の判断基準となります。 

最後の模擬試験の結果 

これまで,様々な模擬試験や実力テストを受けてきたと思います。

が,なんといっても今の実力を反映しているのは,

もっとも最近受けた模擬試験の結果です。

ABC判定と偏差値は非常に客観的で,

事実を照らし出しています。

 過去問の点数 

これが一番の判断材料といってもよいかもしれません。

しっかり時間を計って,実際の時間割と同じように受けた過去問の点数は

過去の合格最低点を上回っているでしょうか?

 

これらの4つの要素をバランスよく考え,

親子でよく話し合い,納得のいく受験ができますように。

 

がんばれ,受験生たち!!


にほんブログ村